休暇村指宿
休暇村は以前は国民休暇村と呼ばれ、日本の風景を代表する国立公園や国定公園の中に清潔な宿泊施設と各種のレクリエーション施設をそなえています。

2013年8月リニューアルオープン!
休暇村指宿 外観

休暇村指宿は、薩摩半島の先端にあり、九州でも有数の温泉の町。
どこを掘っても湯が湧き出るという土地だけに、休暇村指宿も温泉施設が特に充実し、名物の砂むし風呂もあります。
緑濃い山を背に紺碧の海に臨む広い敷地には南国の植物や花がいっぱい。スポーツ施設も多彩にそろっています。


名物「砂むし温泉」




「天然温泉知林の湯」


予約, 温泉


いぶすき玉手箱+ハーフバイキング
(料理イメージ)
霧島屋久国立公園
住所 〒891-0404 鹿児島県指宿市東方10445
<鉄道・バス>
JR鹿児島中央駅より指宿枕崎線快速で約1時間、指宿駅下車。
休暇村送迎バスで約10分
お迎え)指宿駅発 15:10 16:25 17:25
お送り)休暇村発  7:45  9:10 10:10
送迎バス乗車には予約が必要です

<車>
九州自動車道よりそのまま指宿スカイラインに入り、谷山ICより産業道路経由で国道226号線を指宿方面へ約40q。
大園原の三叉路を左折し、約4kmで休暇村。(谷山ICから約1時間)
休暇村指宿は全室禁煙です。 
休暇村指宿
お申し込みはこちらのボタンからどうぞ→お申し込みはこちらから

電話でも申し込みいただけます。
お電話でのご予約
6ヶ月前の同日から申し込みいただけます。
 大人・通常期・平日 基本料理  1泊2食付 (税・サ込)
 部屋タイプ(最大定員)  3名以上  2  1
海  側  和洋室  ワイドビュー(5)  11,200   11,700  12,700 
 ベランダ付(5)
 セミダブル(4)  10,200  10,700  11,700
和室:10畳・12畳(5)  9,700 10,200  11,200
洋室:セミダブル(2)
山側  和室:6畳・8畳(3)  9,200  9,700  10,700
洋室:ツイン・ダブル(2)
小学生  お子様黒豚  6,300
幼児(4才以上 ちびっこ黒豚  3,300
夕食:いぶすきたまて箱+ハーフバイキング  
ハーフバイキングとは・・・メインの夕食料理の他、ご飯、汁物、煮物、天ぷら、小鉢物、サラダコーナー、デザート、フルーツなどをバイキング形式でお出しいたします。 
内容は日にちにより変更になります。
料金は宿泊日、お部屋、人数により変動いたします  

※宿泊日により、シーズン料金があります。
オンシーズン  (1,100円加算)
トップシーズン (2,200円加算)
適用期間についてはお問い合わせください。

入湯税
大人150円  (小学生以下は入湯税がかかりません。)
※料金は平成29年4月1日以降のものです。
※表示はすべて消費税8%込み価格です
※幼児B(3才以下)の室料は無料です
 

お電話でのご予約
休暇村指宿が満室の場合は近在の公共の宿もご案内しております
国民宿舎・桜島マグマ温泉
レインボー桜島

(休暇村指宿より約45q・約1時間20分・鹿児島〜桜島間フェリー利用)
1泊2食付 9,135円〜
客室をはじめ浴室、レストランから錦江湾や鹿児島市街を望む、好ロケーション。天然マグマ温泉です。
国民宿舎・吹上浜荘
いちき串木野市
1泊2食付 6,640円〜10,270円
吹上浜荘は薩摩半島の西海岸、県立公園吹上浜の北端。白砂青松の砂浜に海亀が産卵に里帰りする旅情豊かな場所です。
公共の宿・グランビューあくね
阿久根市
1泊2食付 9,300円〜10,300円
目の前には東シナ海が広がる、大パノラマ露天風呂。水平線に沈む夕日や、満天の星と出会えます。


和室の一例


和洋室の一例
施設・サービス

客室(本館)
宿泊定数165人、和室30室、洋室11室、和洋室15室
【全室禁煙】
広間兼会議室
大広間(120人)
館内施設
レストラン、カフェ、売店、会議室、キッズコーナー
レクリエーション施設
ウオーキングコース、グラウンド、グラウンドゴルフ、芝生広場、オートキャンプ場、レンタサイクル、卓球
温泉 泉質
大浴場、露天風呂、砂むし風呂
泉質/ナトリウム塩化物泉、効能 皮膚病、胃腸病、内風呂、大浴場。
◎砂むし風呂は有料です(大人930円、小人510円)

テニスコート
プール
温泉
キャンプ場
海水浴場
自然の小路
サイクリング
スキー場
天文台
コテージ
-
-
 ○
-
-
-
-

その他

近隣の見所など
池田湖 、開聞岳、長崎鼻、知覧武家屋敷群



詳しくはお電話にてお問合せ下さい。通話料無料です!

このホームページはやど489サービスセンターが制作したものです。
休暇村協会のホームページはこちらをご覧下さい。
 2017-4-1