yado489.net 青森県・観光・食事・情報
青森県 宿予約一覧ページへ
十和田湖・奥入瀬・八甲田下北半島・津軽半島・青森・津軽・白神山
十和田湖・奥入瀬・八甲田地区
十和田湖 十和田湖 青森・秋田の両県にまたがる湖、大自然のうつりかわりを四季おりおりに湖面にうつす十和田湖湖畔につづく道を行けば、悠久の時が生んだ雄大な自然が私たちを包み込む
十和田湖探勝の第一歩を、休屋(やすみや)から踏みだそう
休屋 観光施設や遊覧船の発着所、湖畔では一番賑わいを
十和田湖遊覧船 十和田湖の休屋から子ノ口、中の湖などのコースに遊覧船を運航しています。 快適な湖のレジャーをお楽しみください。
十和田神社 9世紀初めに創建された中山半島の付け根にある神社
乙女の像 十和田湖のシンボル、高村光太郎の晩年の力作
かえで 東北随一有名高級こけし、青森・秋田県名産品数豊富な大型売店もございます。レストランにおいては特性ヒメマス定食また、麺類も品数多くそろえております
レストランやすみや あきたこまち100%のきりたんぽが自慢。中でも人気なのが比内鷄のダシがしっかりときいた「きりたんぽ鍋」。ほかに、マスの刺身やヒメマスの塩焼きなど。
十和田食堂 地元の食材にとことんこだわったメニューと、十和田名物のひめます料理
十和田湖観光センター 地元の素材を活かした季節の食事もご笑味下さ い
かなざわ商店 十和田市十和田湖畔休屋,、レストラン、観光みやげ
レストランたかさご屋 青森県十和田市奥瀬十和田16.、レストラン、お土産
御鼻部山展望台 標高1011mと三大展望地の中で最も高い場所
十和田湖・子の口 子ノ口湖畔食堂 の口桟橋の正面に、自然の地形を生かした白い建物
林檎館 子の口店 奥入瀬渓谷, 奥入瀬渓流, 四季折々に美しい表情を見せる渓流美.
奥入瀬渓谷 奥入瀬渓流 四季折々に美しい表情を見せる渓流美、十和田湖町、十和田市などをとおり太平洋に流れ出しますが、子の口から蔦川と合流するまでの14.2kmを奥入瀬渓流といいます
銚子大滝 奥入瀬川本流で唯一の滝
おいらせ渓流観光センター

奥入瀬渓流沿いのレストラン、お土産センター。

八甲田山 八甲田ロープウェー 全長2,459m、約10分の空中散歩
八甲田山荘 登山口ープウェー横
酸ヶ湯温泉 酸ケ湯・千人風呂 大浴場のヒバ千人風呂は有名
十和田市 津軽三味線観光会館 津軽三味線・青森県民謡を楽しめる
奥入瀬ロマンパーク 奥入瀬の東の玄関口にある道の駅
八戸市 八戸魚河岸食堂 八戸屋台村進化型長屋スタイル
れすとらん陣屋 150年前の民家を利用した、歴史を感じる建物が魅力の手打ちそばの店。大きなエビの天ぷらが載った「天陣そば」が人気。八戸ならではの海の幸も味わえる。
郷土料理 南部たや 老舗商家の別荘を移築
三沢・古牧温泉 古牧グランドホテル 一度に2000人が入れる大岩風呂
下北半島・津軽半島・青森・津軽・白神山地地区
大間町 大間崎 「ここ本州最北の地」の石碑が立ち、沖合600mにある弁天島との間にはクキド瀬戸といわれる潮流がまるで川の様に流れ、両者を隔てています
東通村 尻屋崎 日本一の高い灯台、下北半島の東北端に位置し、岬の北側は津軽海峡、東側は太平洋。潮の変わり目である。 あたり一帯には寒立馬(かんだちめ)という馬が放牧されており、観光の要所になっている。
下北半島
仏ケ浦
仏ヶ浦・仏ヶ浦遊覧船 津軽海峡の荒波が削りあげた大自然っが極楽浄土を
下北汽船 高速船で脇野沢まで50分 佐井まで2時間20分
津軽海峡文化館 観光物産・海峡ミュージアム
レストいそ川 津軽海峡の新鮮な食材を使ったレストランや、
下北の名産品・佐井の特産品の販売を行っています。
樋口観光写真 観光写真
むつ市 恐山 日本三大霊地(恐山、立山、川原毛)の一つで、862年に慈覚大師 が開山したと言われています。立ちこめる硫黄臭と荒涼とした風景はまさに異空間、地獄と極楽を垣間見れます。
釜臥山 標高879mの山山頂近くの展望台からの夜景は優雅
北洋館 1916年建てられた旧海軍の将校のサロン
むつ科学技術館 我が国初の原子動力実験船「むつ」の活動の軌跡を思い起こす機会を提供する
むつ市脇野沢野猿公苑 下北は自然に生息する猿の北限に
むつ下北観光物産館 1階には土産物店がり、下北半島の町村の主な土産物を販売していま す。また2階にはレストランがあり、四季の下北の海山の幸を味わうことができ ます
薬研渓流 奥入瀬渓流におとらない景観、4kmの遊歩道もある
北彩市場下北名産センター むつ総合卸市場構内にある下北半島最大のドライブイン。1階買い物市場では活ホタテをはじめ海の幸・山の幸が盛りだくさん
青森市 ねぶたの里 一年中青森ねぶたの祭りが体験
棟方志功記念館 青森市生まれの世界的な版画家文化勲章授章記念に
青龍寺 昭和大仏は日本最大の青銅座像仏・五重塔39,5m
エリアコンプレックス 市場の中ですから。食材はいいですよ。 お寿司と定食が主ですね。
三内丸山遺跡 世界的にも有名な縄文遺跡をガイドがご案内
縄文時遊館 青森市三内丸山遺跡に隣接して「縄文時遊館」がオープンしました。一言で言うと、「三内丸山遺跡総合案内所」というところでしょうか
雪中行軍遭難資料館 八甲田山雪中行軍遭難事件。今からおよそ100年前に起こったこの事件を歴史の記憶にとどめ、その教訓を次世代に語り継ぐ新しい資料館ができました
青森県観光物産館アスパム 青森のお土産・食事・郷土芸能を紹介
みちのく料理 西むら 団体昼食・OK
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸 日本初の鉄道連絡船ミュージアム
津軽半島
竜飛崎
竜飛崎 津軽半島の国道339号をどんどん北上をして、国道が362段の階段になってしまったところが竜飛崎です。灯台のある岬の高台にはものすごい風が吹き、海の向こうには北海道の雪山。「ごらんあれが竜飛岬、北のはずれとオ〜」の演歌が繰り返し流れています。
竜飛ウィンドパーク展示館 風と発電の世界を体験
青函トンネル記念館 ケーブルカーで海底140m、体験坑道
むつ湾フェリー 津軽半島〜下北半島を結ぶ
五所川原市
金木町
太宰治記念館 斜陽館 津軽が生んだ文豪太宰治が住んでいた当時の状態に修復したもので、太宰自筆の原稿や愛用のマントなど貴重な資料を展示しています。
十三湖 海水と淡水が混ざった汽水湖、十三湖のしじみで有名
郷土料理 はな 太宰らうめんと郷土料理
津軽三味線会館 津軽三味線発祥の地、
立佞武多の館 高さ22mもある「ねぷた」は圧巻
小田川藩「秀吉のやかた」 TVなどで話題の羽柴秀吉が城主
黒石 津軽伝承工芸館 津軽の伝統工芸・伝統芸術の体験
津軽こけし館 一億円の純金、純銀こけし展示
こみせ通り 津軽じょくがら節発祥の土地陽射しや吹雪から人を守った木造アーケードで、なかでも中町こみせ通りは藩政時代からそのままに残る珍しいもの。周辺には江戸中期の商家・高橋家住宅や造り酒屋も並び、津軽三味線のライブも毎日行われている。
黒石観光リンゴ園 9月上旬〜11月上旬まで開園しており、 広大な津軽平野と岩木山を一望できる場所にあります園内では、新鮮なりんごを直接もぎ取り味わうことができ毎年、観光客で賑わいます
弘前市 弘前城(弘前公園) 1611年築城、天守閣などそのままで、さくらの名所
藤田記念庭園 日本商工会議所初代会頭藤田謙一氏の庭園
津軽藩ねぷた村 世界一の大きな「ねぷた」
ねぷた茶屋 くつろぎのレストラン. ねぷた茶屋. 古都の雅、津軽の味を満喫してください
創作郷土料理の店 菊富士 昼は創作そばや定食中心。夜は郷土悦品料理と地酒が楽しめます。京風の個室で郷土料理コースをどうぞ。団体昼食・OK
柴田写真館 観光写真
岩崎村 白神山系 ・十二湖(青池) 神秘的なブルーの湖。岩崎村にあるサンタランド白神は白神山系にあり、近くには有名な十二湖があり、散策(ウォーキング)にも適している。 ... 仲道の池. 青池/沸壺の池.
世界遺産
白神山地
サンタランド白神 白神岳が一望できる展望台
砂川学習館 白神山地の風土や暮らしを紹介
白神山地ビジターセンター 世界遺産・白神山地の四季を擬似体験
白神山地トレッキング 白神山地のブナの森をガイドと歩く
七戸町 道の駅 しちのへ 青森県上北郡七戸町の国道4号上にある道の駅。愛称は“七戸文化村”。
深浦 太宰の宿 ふかうら文学館 太宰治が泊まった部屋を再現
千畳敷海岸 西海岸きっての景勝地、12kmにわたって延々とつずく
大崩 緑に覆われた山稜が崩れ地肌をあらわして・・・・
不老ふ死 日本海に突き出た露天風呂からの夕日がすばらしい
岩木山 岩木山観光りんご園 甘味たっぷりのリンゴのもぎ取り体験ができる。岩木山を見上げながら、果汁のしたたるリンゴを心ゆくまで ・・
青森県 宿予約一覧ページへ
 
 
2008-08-25

HOMEご利用ガイドIT(いい旅)クラブQ&A会社概要サイトマップ

やど489サービスセンター
お問い合わせ:info@yado489.net

(C)Copyright 2002 やど489サービスセンター. All Rights Reserved.
「やど489」は登録商標です。