yado489.net 長崎県・観光・食事・情報
長崎県 宿予約一覧ページへ
長崎市・ハウステンボス・佐世保・平戸 雲仙・島原 五島列島 壱岐・対馬
長崎市・ハウステンボス・佐世保・平戸方面
長崎市 大浦天主堂 木造ゴシック造りの日本最古の教会で国宝に指定されている。この大浦天主堂は西坂の丘で殉教した26聖人に捧げるために建てられた教会です。
グラバー園 長崎駅から車で約10分、バス・電車で約15分の場所に位置し、市内観光の中心的スポットであると共に、隣接する多くの観光地 ... グラバースカイロードを降りてしばらく歩き、垂直エレベーターに乗り継いだら、グラバー園の最上部に到着。
平和記念像 二度とその悲しみを繰り返すことがないよう、平和を望む願いからつくられました。その中でも平和都市長崎のシンボルとしての「平和記念像」はたいへん有名です。この祈念像は、長崎市が被爆10周年記念行事として、広く内外に募金を募って出来た ...
眼鏡橋 1634(寛永11)年に興福寺の2代目住職、黙子如定によって架けられたといわれる橋。川面に映る姿が眼鏡のように見えることから名が付いた。国の重要文化財。
孔子廟・中国歴代博物館 1893(明治26)年、ときの清朝政府の提唱で華僑が建てた。中国国外で唯一中国人によって建立された孔子廟。華南と華北の建築様式がまざりあった美しい色彩の建物。
江崎べっ甲店 べっ甲の老舗、豊富な品揃え
和泉屋本店 いつも新しいおいしさ、長崎の和泉屋から。ちゃんぽん・皿うどん・カステラ・ゼリー等の製造直売、卸販売を行っています。レストラン有
南山手地区町並み保存センター 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている南山手地区の資料センター。洋館の旧雨森邸を移築して、展示室や研修室として活用している。
オランダ坂 昔、長崎の人は東洋人以外の外国人をオランダさんと呼び、居留地の坂をすべてオランダ坂と呼んだ。そのなかでもっとも有名なのが、活水女子大へと続くゆるやかな石畳の坂。
オランダ物産館
オランダ産、またはオランダ原産の品々を取り扱っている。商品は実に様々だ。衣料、紅茶、チョコレート、カステラ等々がある。価格は1000円以下の物も多いので、手頃なお土産を。レストラン収容900名
長崎カステラセンター本店 素材にこだわり、味にこだわり、安心にこだわる、という プロの精神を全うしてまいりますので 末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。
四海楼 創業明治三十二年の歴史。長崎ちゃんぽん発祥の店の美味しいちゃんぽんを自宅で手軽に味わえます。レストラン有
園田真珠 自家製品真珠の加工販売べっ甲・サンゴ・土産・食料品販売
長崎卓 先ずはじめに「お鰭(おひれ)」という吸物が出ます。これが出ると、主人役がお客様に「おひれをどうぞ」と挨拶をいたします。
東彼杵 長崎カステラセンター彼杵店 カステラを初めとして観光土産の販売
長崎空港 長崎カステラセンター空港店 カステラを初めとして観光土産の販売
西海橋西海橋 西海橋 日本三大急流として名高い伊ノ浦瀬戸をまたいで、佐世保市と西彼杵半島を結ぶ赤いアーチ橋。1955(昭和30)年に架橋され、全長316m、海からの高さはおよそ40m。
西海橋物産館魚魚市場 新鮮な魚介類や長崎県をテーマにしたお土産、福岡の野間でも有名な名物鯛焼き「鯛宝楽」、大人も子どもも楽しめる駄菓子屋など、様々なお買い物スポットがございます。 是非ご利用ください。
ハウステンボス ハウステンボス 長崎県佐世保市にある、オランダの街並みを再現して作られたテーマパークである。現在はオランダのみならず、ヨーロッパをテーマにしている。 たびたびドラマ・映画・CMなどのロケ地としても使われる。 ...宿泊・遊園・土産
佐世保 弓張岳 展望台は南九十九島の島々が望めるビュースポットの一つであり佐世保市街地も展望できる.
佐世保和泉屋大塔インター店 ハウステンボスより車で5分。カステラの製造直売店で、中華レストランも有ります。 ...
展海峰

九十九島全体を眺めるのにおすすめのスポット。眼下に広がる九十九島の爽快な眺めに加え、春は菜の花、秋はコスモスが咲くドライブにぴったりなポイントでもある。

九十九島遊覧船 「パールクイーン」-[↑]. 白い船体の優雅な船で、西海国立公園の「南九十九島」を巡る50分間のクルーズ ...九十九島遊覧船「パールクィーン」もコースに含まれています。
九十九島 九十九島の中で北松浦郡の鹿町町と佐世保市小佐々町に至る島々を北九十九島という.
西海パールシーセンター 水族館・船の展示館・真珠の玉だし
平戸 平戸城 平戸島にあり平戸市街の東部に位置する。対岸の九州本島を望む平戸瀬戸に突き出た丘陵上にある。
平戸ザビエル記念聖堂 平戸港の西の小高い丘の上にある薄いグリーン色の教会。 この協会は天文19年(1550年)に平戸を訪れたフランシスコ・ザビエルを記念して、昭和6年に建てられた聖堂である。
雲仙・島原方面
雲仙 雲仙地獄めぐり キリシタン迫害の地でもあった地獄を思わせる源泉湧出地帯。お糸地獄、大叫喚地獄など30ほどある地獄にはそれぞれ名称が付き、30分程度の散歩コースになっている。
原生沼 ミズゴケが群生する湿原で、国の天然記念物に指定されている。レンゲツツジ、カキツバタの見ごろは5月上旬から下旬。ゆっくり歩いて10分ほどの木製の歩道を整備。
ビードロ美術館 19世紀の世界の銘品グラス約300点
雲仙ロープウェイ 春のつつじ、秋の紅葉は見事
島原 雲仙岳災害記念館 火山のすべてを体験できる場所
しまばら水屋敷 民芸喫茶店。庭には一日4000klの湧水量の池がある。1階は縁側と和室、2階では全国の招き猫を展示している。7人以上の団体の入場はできない。
武家屋敷 城下町の面影を色濃くとどめる武家屋敷。一般公開されているのは、山本邸、篠塚邸、鳥田邸の3つ。内部は自由に見学することができる。
鯉の泳ぐまち 新町のアーケード街の裏手にのびる新町通りは、別名「鯉の泳ぐまち」と呼ばれ水路を鯉が泳ぎ水の都、島原を代表する景観。ポケットパークも整備され憩いの場となっている。
江東寺 江戸時代創建の禅寺。涅槃像は境内の墓地にあり、全長約9m、高さ約2mという大スケールで、全身は銀色に輝いている。墓地には島原城を築城した松倉重政の墓がある。
みずなし本陣ふかえ 平成新山を一望できる道の駅
島原かまぼこセンター 1階は島原の特産品、ちくわとかまぼこの製造販売所。2階は400人を収容できる大食堂になっています
シーサイド城下町 観光土産品の販売. 飲食店の経営. 古物の売買
有明湾クルーズ 島原港〜熊本港間を運航
愛野 愛野展望台 次代に残そう 長崎百景. (絵・前田 秀信), 愛野町の南端、千々石町境から西に250メートル、海抜95メートルの千々石断層崖の上にあり、背後には愛野扇状地のバレイショ畑が、前方には千々石断層や千々石カルデラにより陥没
愛野ベルハウス 観光のメッカ長崎と雲仙国立公園、島原の中間地点にあり、風光明媚な愛野展望台の中心に位置し、雲仙岳及び長崎半島が一望出来ます。館内は750名様収容の展望大食堂、150名様収容のドライブイン及び広々とした売店があり
杉谷本舗橘店 橘店は、雲仙と長崎を結ぶ国道251号線沿いのちょうど中間で橘湾が一望できる小高い丘の上に位置し、どちらへも車で50分の距離です。
五島列島方面
アクセス 九州商船 高速船ジェットフォイル
五島列島 五島列島観光 長崎西方の海上に浮かぶ五島列島は、大小140余りの島々からなっています。
その大部分が西海国立公園に指定されており、美しい海と豊かな自然に恵まれ、夏はマリンスポーツが楽しめます。
また歴史スポットも多く、奈良・平安時代には遣唐使船最後の寄港地、中世以降も海外貿易の拠点として栄え、江戸時代にはキリスト教徒が多く移住し、教会や寺社をはじめ多くの歴史遺産が残っています。
上五島 頭ヶ島教会 頭ヶ島は、かつて隠れキリシタンの住んでいた島。島に住む信者たちが島内産の石を切り出し、積み上げて造ったといわれる西日本唯一の石造りの教会。国の重要文化財。
五島市 大瀬崎断崖 東シナ海に突出した断崖。突端にある白亜の灯台は日本の西の海の航海安全を守る。200万カンデラという日本一の明るさで海を照らす。日本最後の夕陽を見る。
壱岐・対馬方面
壱岐アクセス 九州郵船 初夏から夏にかけてのご旅行にモッテコイの旅行です!壱岐は生うにが解禁となり、海の幸が更に充実しました。グルメには堪えられない状況です。又、海水の温度も上昇してきてますので、マリンスポーツもOKです。高速船ジェットフォイル・フェリー
壱岐対馬高速貨物フェリー 福岡?壱岐対馬のカーフェリー。運航案内。
壱岐 壱岐 壱岐市域の大半を占める壱岐島は面積133.82km2、南北17km、東西14kmの広ぼうを持つ。有人島としては壱岐島の南西部の沖合いに原島・長島・大島が、北側の沖合いに若宮島がある。また島周辺には17ヶ所の無人島がある。これらをまとめて壱岐と呼ぶ。 ...
壱岐文化村 民芸美術品や失われてしまった暮らしのなかの道具など、壱岐の暮らしに古くから伝わってきたものを子供たちに伝えていきたいという願いから生まれた私設の文化施設。
鬼の足跡 まるで石橋のようにポッカリと開いた海のトンネルは、鬼が足を踏み外してできたといわれる「鬼の足跡」。春分の日と秋分の日は足跡の穴におさまるように夕日が沈む。
原の辻遺跡 丘陵を中心とした弥生時代の大規模環濠集落の遺跡。国の特別史跡に指定されている。東西約350m、南北約750mの楕円形状の範囲を多重の濠がめぐっている。
岳ノ辻 壱岐最高峰の山。360度全島を見渡すことができる景勝地。現在、整備工事のため立ち入りはできない。2007年4月完成予定。
対馬 対馬観光 対馬は韓国まで50キロの国境の島である。対馬は古来より大陸への中継地として重要な役割をはたした島であり、風光明媚な自然と人情味豊かな日本の良さを今も残している.
県立対馬歴史民俗資料館 対馬には、 現在でも宗家文庫史料をはじめとする古文書や遺跡など 歴史的文化遺産が数多く残っています。ここ県立対馬歴史民俗資料館 は、これら重要な史料の保存のため昭和52年(1977)に建設されま した。1階展示室には、考古・民俗歴史資料 が
万関橋 上対馬と下津島を結ぶ万関瀬戸に架かる橋。干潮時には、橋の上から潮流の渦が幾重にも重なる様子を眺めることができる。周囲は万関園地として駐車場やトイレを整備。
武家屋敷跡 武家時代の高い石垣塀が今も残っている。軒下ほどもある高さは、かつて訪れた朝鮮からの使節に武家の生活をのぞかれないためだといわれる。
万松院 日本三大墓地の一つに数えられる対馬島主宗家の墓所がある寺院。宗氏第20代義成が、父義智の冥福を祈って建立した菩提寺は、国の史跡に指定されている。
厳原町郷土館 1528(享禄元)年14代宗将盛が築城した金石城址に建つ資料館。縄文時代につくられた石器をはじめ、ツシマヤマネコなどの対馬特有の動物のはく製を展示している。
青海の里 青海の里と呼ばれる小さな集落が木坂の峠を越えた谷間に広がっている。ここは海神神社の氏子地区で、古い習俗を伝える貴重な存在。
和多都美神社 海幸山幸の神話で有名な彦火火出見尊と豊玉姫命を祀る神社。海の守護神として信仰を集めるところで、浅茅湾のなかに2つの鳥居が立っている。
 
2007-08-24

HOMEご利用ガイドIT(いい旅)クラブQ&A会社概要サイトマップ

やど489サービスセンター
お問い合わせ:info@yado489.net

(C)Copyright 2002 やど489サービスセンター. All Rights Reserved.
「やど489」は登録商標です。